FC2ブログ

寄り道!甲府とダムとこんにゃくと私 前編

投稿日:2016年06月04日(土)
なかなか遠出をしない箱入り紳士ですが、出かけるとなれば足を運びやすい方面は
秩父・山梨となります。

そして以前に2度訪れた大除沢不動滝の先、山梨は甲府に面白い滝があるようなので、ちょっと行ってきました。

2016_2700.jpg




秩父を超えて、国道140号を北側へ。
三峯神社や秩父湖とは別の道を進むと…。


雷電廿六木とどろき、通称ループ橋が見えてきた。

2016_2701.jpg

高所が苦手な私としては、こんな細長いものの上を走るとか恐怖意外の何物でもないのですが、
日本の技術は世界一ィと思って信じることにしましょう。

2016_2702.jpg

廿六木とは何ぞや、轟きのキラキラしたやつか、と思いがちですが、
どうやらダム建設にあたって移転した集落の名が由来らしいですね。

私の居住地も狭山湖のダム建設で移転してきた村の地名なので、少し親近感があったりします。

2016_2703.jpg

と、せっかくなのでダムカードでも貰おうと寄り道。

2016_2704.jpg


ダムカードありマス!


2016_2705.jpg

これは、ダムカードでデュエルする物語なのでしょうか。


滝沢ダムオリジナルのダムカレーはウィンナーを抜く事で放流の様子を再現。

2016_2706.jpg

こちらはオニオンフライでループ橋を再現した食べやすそうなダムカレー。

見た目の面白さも良いけど、カレーは美味しく頂きたいかなぁ。

2016_2707.jpg

が、残念ながら管理所の開館が9:00~ 到着したのは8:40
当初の目的が登山のため早く出発したので、まだ職員が出社していませんでした。

なので、ダムカード配布時間までしばし周囲を散歩することに。

2016_2708.jpg

滝沢ダムは平成20年に竣工というかなり新しい部類のダムになりますね。

2016_2709.jpg

堤高132M 堤頂長424M の重力式コンクリートダム

山に囲まれた高所で、400M走などいかがでしょうか?

2016_2710.jpg

同じ秩父の浦山ダムは命名さくら湖に対して、滝沢ダムもみじ湖と名付けられ春秋の双璧をなしています。

2016_2711.jpg

登ってきた方はこんな感じ。

うん。改めて恐ろしい…。

2016_2712.jpg

取水設備は底部、修理用、選択取水の3門。
特にダムマニアでも無いので違いがさっぱり分からん!

とりあえず雨量調整や溜水、発電もできる凄い奴という事は覚えた。

2016_2713.jpg

「おぉーい。そこの者~。」

「あっ、あの姿は!」

2016_2714.jpg

「ダムカード配布の最後尾はコチラではありませーん!」

20分前はダムの下の方で回っていたのに、いつの間にか風に乗って空高くを旋回していました。

「こんな時に望遠レンズが無いとは…」

2016_2715.jpg

無事、ダムカードも入手して、国道140号をさらに前進。

雁坂トンネルを抜けて、






道の駅 みとみ に到着。

2016_2716.jpg

道の駅から少し戻り、雁坂トンネルのループ橋の下からが西沢峡谷の入口になっています。

そしてこの雁坂トンネル
グーグル先生に聞いてみると、第一候補が「雁坂トンネル 無料」

興味のある人はいるのに有料なばかりに利用されないパターンですね。

2016_2719.jpg

その途中で見かけた西沢峡谷 蒟蒻館

こんにゃく…ごはん? スポンジ? せんべい!? 燻製!?!?

2016_2718.jpg

こんにゃくに懸ける熱い想いは十分に伝わったので、張り切って登山に向かいましょう。




雁坂トンネルを抜けてすぐのセミループ橋下にも無料駐車場があったのですが、さすが登山家の朝は早い。
寄り道をしていたら既に満車となっていました。

2016_2720.jpg

このくらい鉄骨で武装されていると、いくらか安心できますね。

2016_2721.jpg

それでは、いざ。
西沢峡谷の登山へと繰り出しましょう!

2016_2722.jpg


歩き始めて最初に見える滝。というか落水。

「まだだ。今回、求めているのはこんなものでは無いぞ!」

2016_2723.jpg

安全速度 20km/h

「おっと危ない。つい速度超過する所だった()」

2016_2724.jpg

歩き始めの道中は水音の届く距離で、ちょいちょい見え隠れするのですが、
だいたいこんな感じで見えそうで見えない焦らしプレイを強いられていました!

2016_2725.jpg

山の斜面の方は土砂崩れが酷いようで、崩れ対策と排水の設備がちょっとしたアートを演出。

2016_2726.jpg

1kmほど歩いた所でチェックポイントに到達。
西沢峡谷はここから道が別れて、頂上で折り返して戻ってくる周回コースになっているので、
ここからが本番となる訳です。

2016_2727.jpg

その周回総長はなんと、10km

2016_2728.jpg

ここまでの1kmは車も通れるような舗装された平地もいいところでしたが、
ここから先は頂上まで登山を4km、帰りは遠回りでなだらかな山側を5kmといった感じになります。

登山本編は写真が多めなので、次回に続く!




▷さぁ、覚悟を決めろ。他の誰でもない。これは、ガチ登山の物語だ。
To be Next Story...
スポンサーサイト
 

コメントの投稿

非公開コメント

 

いいなぁ・・
わしゃバイク乗りなのでこういうとこ大好きですよ♪
でも秩父・・・遠いなぁ・・
2016年06月05日 | AKIAKANE | URL   [ 編集 ]

Re: タイトルなし 

いらっしゃいませ。はじめまして~。

こういった眺めの良い所こそ、バイクだと開放感があって良いですよね。
目的地だけでなく、道中も楽しめるという点で中々ポイントの高い場所でしたよ。

秩父は山間で信号も少なく、ほぼ走りっぱなしなのは良いのですが、
結構横に長いのでアクセスが厳しいのが難点!
2016年06月05日 | ステルス紳士 | URL   [ 編集 ]

カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

ステルス紳士

Author:ステルス紳士
こんにちわ。はじめまして。
ここではAZONE1/6ドールを中心に、ハートフル萌えコメディをお届けしています。
ニヤリとしていってね!

相互リンクして頂けると紳士が悦びます。

愛梨's ふぁみり~

愛梨
Base:えっくす☆きゅーとXS「ちさ」
当家で最初に迎えた娘にして
純真無垢の権化であるが
若干アホの子
今後の成長が楽しみである


ほのか
Base:えっくす☆きゅーとS「ころん」
当家で2番目に迎えた娘
愛梨の妹にあたる
当家の給仕担当に就任した


春風
Base:オリジナルヘッド
突然やってきた隣(?)のお姉さん
たまに人間離れした能力を発揮し
愛梨たち姉妹を溺愛している


COS-MOS
Base:FAG BASELARD
とある財団の極秘任務で
送り込まれた武装少女
論理的な口調とは裏腹に抜けており
任務の内容はとうの昔に忘れている


RAVEN
Base:Frame Arms Architect
とある財団に増援として
送り込まれた機械生命体
戦況に応じて装備を切替える
とても頼れるドM


オニィサン
Base:MG Concept-X 6-1-2
全世紀最強兄弟の兄
妹を求めて次元を彷徨い
当家へとたどり着いた
自他共に認めるみんなのお兄さん


ローラ
Base:MG System-∀99
全世紀最強兄弟の弟
次元超越を会得した兄を追い
当家へとたどり着いた
錬成陣なしで錬金術が使える
     
アクセスカウンター
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR